翻訳:尾上彩子
Read in English

 

今日、ソーシャルメディアの活用はビジネスを行ううえで不可欠なものとなっている。人々の関心はソーシャルメディアに集まっているため、多くの人々が最初にそこで製品やビジネスについての情報を知る。しかし、どのようにしてフォロワーを獲得したらよいだろうか?

それに答えるためには、仕事の考え方ではなく、プライベートの考え方、つまり私たちがオフィスの外にいる時の考え方をする必要がある。私たちが目にする各ソーシャルメディアアカウントについて考えてみると、私たちはみな無意識に次のような疑問を抱いている:

「なぜこのアカウントをフォローすべきか?」

ソーシャルメディアは、お金を払って自社のビジネスコンテンツを人々の前に強制的に提示するというテレビコマーシャル・印刷広告やその他の携帯の広告とは大きく異なるものだ。それは実際の生活の社会的関係を模倣しているものであり、人々がフォローすることを意識的に選択することが必要となる。これは、興味深く、楽しいものに有利であり、スパムのような迷惑なものは不利になる。

ソーシャルメディアは恋愛のようなものだと考えて欲しい。交際を申し込む前に、口説く必要があるだろう。ソーシャルメディア上では、あまりに多くの企業が「はじめまして、私のボーイフレンド/ガールフレンドになってください。」というような自己紹介をしてるのだ。

ソーシャルメデイア上で価値を提供することが必要だ。
人々は、価値を提供するアカウントをフォローする。

「当社のセール情報をお知らせします」というのは、ソーシャルメディア上で提供するのに適した誘い文句ではない。あるブランドに初めて出会った人々は、彼らがすでにファンである場合を除き、どのようなプロモーションが開催されているかを気にする可能性はほとんどない。また、そのプロモーションからセールスへのコンバージョンを獲得することは、需要が供給を上回っている場合を除き、人々にとっての関心事ではなく、純粋に企業にとっての関心事なのだ。

ソーシャルメディア上で人気のアカウントについて考えてみて欲しい。美しい風景写真のアカウント、旅行ブロガー、有名人、かっこいい男性やかわいい女性。彼らの価値は、私たちを目の前の現実からほんの少しの間だけ逃避させてくれること。よだれが出そうな食べ物の写真、刺激を与えてくれる格言、ファッションブロガー。これらすべては、私たちを元気づけたり、行動に繋がる何かを与えたりしている。これが価値だ。

興味深いメディアを作り出すことは、ソーシャルメディア上で価値を提供することだ。

これをうまく行っている企業の1つが、ニューヨーク市を拠点として写真・動画撮影製品を専門とする電気製品ショップ、Adoramaだ。一般的には、彼らのソーシャルメディアチャネルはセールのプロモーションやクーポンコードが主であり、良かったとして、取り扱う最新の製品についての啓蒙的な活動を行っている、ということが予想される。

しかし彼らは、世界中のインスタグラム写真家をドキュメンタリー形式で紹介する「レンズを通して(Through the Lens)」という名前のオンラインビデオシリーズを作成した。すでに多くの人々がこのような写真家の実際の人物像に興味を持っていたため、Adoramaは自社のソーシャルメディアの中心にこれらの写真家を置くことで、より多くの人々に彼らの名を広げることができた。

企業は今、メディア企業のように行動しなければならない。

かつて、メディアにおける企業の役割は広告でしたが、現在はコンテンツの側に移行してる。これは企業にとって理解することが最も困難なことの1つだ。しかし、私たちに必要なことは、個人的なソーシャルメディアの活用法を考えて見ることだ。私たちは、毎回何かを売ろうとするアカウントにはイライラし、バナーやポップアップを無理矢理表示してくるアカウントについて否定的に考え始める。私たちは、フォローするべき理由を与えてくれるアカウントをフォローし、興味深いと思うものをシェアする。

あなたの企業が伝えたい、実行したい、売りたいことについて考えるのではなく、ファンと潜在的なファン、さらに彼らがあなたのアカウントで興味を持って見るものが何であるかについて考えて欲しい。あなたが彼らに示したり教えたりできることは何だろうか?どのようにしたらそれを興味深いものにできるか?人々に無視されるのではなく、彼らの注目を集めるコンテンツを発信する企業を目指してみよう。


via TAM
私たちは、広く世界に向けてクライアントの企業ブランドが構築されるよう全面的にサポートします

Comment